ECテクノス株式会社は電気設備工事、太陽光発電装置の販売・設置、建物の設備診断・省エネルギー化等のご提案をいたします。

リクルート情報

  • 本 社
  • 〒063-0032
  • 北海道札幌市西区西野2条9丁目3-1
  • TEL.011-669-1400 FAX.011-669-1401
  • 東京支店
  • 〒160-0023
  • 東京都新宿区西新宿3丁目15-7 MHビル8F
  • TEL.03-5354-7045 FAX.03-5354-7046

新着情報

記事一覧

じょばじょばー(´;ω;`)

アップロードファイル 22-1.jpgアップロードファイル 22-2.jpg

どうもです。

今日は絶好のドライヴ日和(・∀・)イイネ!!
だからというわけではありませんが、今日も少々遠方に現場調査に行ってきました。


現場に着く前に、現場近くのお店トイレと買い物に寄り道したところ

「逃げるな!!110番するぞ!!(○`ε´○)」

叫ぶおじさんと猛ダッシュの少年登場!!
少年は考え直したのか、Uターンして戻ってきました。
ちょうど僕の車の隣に停まってたのが万引きGメン??的なおじさんの車だったみたいで、車の横で何やらお話が始まりました。
少年には反省の色もなく、「捕まっちゃったよ」という声が・・・。

僕は用事も済み、さぁ行きましょうと思ったら隣の車が激しく揺れて、窓越しに見えていた2人が突如消えました。
あれっ!?と思った瞬間。

「助けてくださ~い!!!(>o<)」

「はぁ(゚Д゚≡゚Д゚)?」

急いで降りて行ってみると、おじさんが少年に転がされてるではありませんか!!
すぐさま少年を取り押さえ、少年は諦めたようでした。

「110番したいんだけど、あれっ?あれっ?」

どうやらスマホを使いこなせていないようで、電話するまで待って、電話できたところで手を離しておじさんにお任せしてきました。

あの状況で誰も来なかったらおじさんどうしてたんだろう・・・(´・ω・`)


その後、現場についた頃パトカーがサイレン鳴らして2台ほど走って行きました。
終わってからちょっとドキドキ(*-ω-)ドキドキ


さて、本題はこちら。
外灯のブレーカーが数日前から入らないということで、点検です。
まずは絶縁測定をするため、各外灯の回路を切り離します。
これで器具なのかそこまでの電線なのかが診断できるというわけです。
錆びついたネジを回すのが一番大変でしたが、5本中4本を切り離してもメガ計は0を指します。
これはいよいよ配線かと思いながら、クルマが停まっていたため後回しにしていた最後の1台を・・・。

ん?蓋から水の流れた跡が・・・。
そう思いながら、錆び付いて舐めそうなネジを慎重に回します。
ネジが取れた瞬間!
チョロチョロチョロ~

ネジ穴から水がとめどなく出るではありませんか。
そのままフタを外すと「じょばっ」っと大量の水がΣ(゚д゚lll)
原因は言うまでもなくこれでした。
一応、切り離してからメガ測定してみますがバッチリ治ってます。

どうやら灯具のパッキンがダメになって水が入り放題のようです。
とりあえず、そこの回路を切り離してほかは復旧、後日修繕の見積もりを出すことにしました。

水は電気の敵ですから、甘く見てはいけません。
今回は漏電ブレーカーが作動したので大事にはいたりませんでしたが、もしそのまま通電していたら、外灯で感電過負荷で火災も・・・。
知らないと、ついつい何度もブレーカー入れ直しちゃったりしますが、危険ですのでやめましょう。

おかしいなぁ( ゚д゚)変だなぁ(*´д`)と思ったら、ECテクノスにお任せ下さい。
早めに点検することで、被害を最小限に抑えられます。

新着情報一覧へ戻る