ECテクノス株式会社は電気設備工事、太陽光発電装置の販売・設置、建物の設備診断・省エネルギー化等のご提案をいたします。

リクルート情報

  • 本 社
  • 〒063-0032
  • 北海道札幌市西区西野2条9丁目3-1
  • TEL.011-669-1400 FAX.011-669-1401
  • 東京支店
  • 〒160-0023
  • 東京都新宿区西新宿3丁目15-7 MHビル8F
  • TEL.03-5354-7045 FAX.03-5354-7046

新着情報

記事一覧

電線もブレーカーも異常がなくてもΣ(゚д゚lll)

アップロードファイル 49-1.jpgアップロードファイル 49-2.jpg

どうもでした。

北海道は今日から急激に気温が下がるということで秋が深まりますねヽ(´ー`)ノ
ついこの前までトンボが気になっていたら、もう雪虫が・・・。
峠道は今月中には雪も降るでしょうし、来月には平野部でも・・・というか、気づいたら2017年も2ヶ月半となりました(°д°)
頑張らないと!!


さてさて、本日は急遽午後から滝川に行ってきました。
お客様からブレーカーが入らなくなってしまったので見て欲しいとのご依頼がありまして、ちょうど今日の午後は余裕がありすぐに急行⊂('ω'⊂ )))Σ≡

まずは、末端のコンセントを確認し刺さっている機器を抜いておきます。
その後、回路の絶縁を測るためメガテスターで点検。
異常ありません。
次に異常のなかった電線を一度ブレーカーから外し、ブレーカー単体で確認します。
問題なく作動し、電圧も正常な数値です。

そこでよくよく見てみると、ブレーカー端子に締め付けてあった電線が焦げています。
そういえば、外す時にすごく簡単に外れました。
どうやら、原因はブレーカーの締めつけ端子の緩みだったようです。
ドアの開け閉めなどの微振動で電線が動くたびにバチバチとアークが飛び黒くカーボンが溜まって、徐々に導通が悪くなりさらにアークが飛んでカーボンが増えて熱を持ち・・・..・ヾ(。>д<)シ こえぇぇぇ
まさに負のスパイラル嫌だァァァァ(((((┏ ’ω’)┛

燃えたりすることもありえるので、馬鹿にできません。
以前、とあるお店の看板の電気がつかないので見て欲しいって点検しに行った時も、端子の緩みが原因と思われる発熱で、端子台が溶けて大変なことになってました。

ほかにも、現場調査でお邪魔した家のホーム分電盤を開けて見たら「バチバチ」って聞こえて何かなと思ったら、エアコン屋さん??が分岐したと思われる線が緩んでてバチバチ言ってました(´・ω・)ω・`)ヒー
気づいてしまったので締めて差し上げましたが(・∀・)

と、話を元に戻しまして原因がわかったので線を剥きなおして接続、ほかの回路も十分にありえるので全部増し締めしてきました。
やっぱり緩んでいる回路が何個かありました( ̄▽ ̄;)!!
これで安心ですね。
年数が経っていたり、何度か改装などで分電盤をいじっている建物の場合は要注意です!!

ECテクノスでは分電盤結線後は再度、締めつけ確認を行っておりますのでご安心ください。
電気は目に見えませんので、確かな技術と信頼のおける電気屋さんに依頼しましょう。
決して自分でドライバー片手に点検なされないように!!
感電してしまいますよ((((;゚Д゚))))

新着情報一覧へ戻る