ECテクノス株式会社は電気設備工事、太陽光発電装置の販売・設置、建物の設備診断・省エネルギー化等のご提案をいたします。

リクルート情報

  • 本 社
  • 〒063-0032
  • 北海道札幌市西区西野2条9丁目3-1
  • TEL.011-669-1400 FAX.011-669-1401
  • 東京支店
  • 〒160-0023
  • 東京都新宿区西新宿3丁目15-7 MHビル8F
  • TEL.03-5354-7045 FAX.03-5354-7046

新着情報

記事一覧

省電力照明ヽ(´ー`)ノ

アップロードファイル 65-1.jpgアップロードファイル 65-2.jpg

どうもです。
今日から11月、2017年残すところあと2ヶ月・・・(°д°)
早いですね~。
もう後60回ほど寝るとお正月です。
その前にクリスマスがありますね。
今年はサンタさん来るかな??(´∀`)


さて、当社でも数多く実績がありますLED照明。
魅力はなんといっても省電力!!
なんですが、そんなことはもう皆様「わかってるって!」てなっているのではないでしょうか。
勿論、数字として電気代が○○万円安くなるっていうのは建物や使う器具でそれぞれ違いますから、実際に計算しないとわからないですけど、漠然と安くなるのはご存じですよね。


じゃあ、ほかのメリットは!?
いくつ答えられますか(^O^)
一般の方にも関連の高い方から行くと

・蛍光灯・水銀灯・白熱電球に比べ虫が圧倒的に寄りにくい。
 あくまで、寄りにくいなので全く来ないわけではありませんが、激減します。これは主に紫外線の発生が少ないことが理由と言われています。玄関先や窓、駐車場など外部に光が漏れる場合は効果てきめんですv(=^0^=)v

・寒くても、再点灯でも瞬時に点灯。
これは、白熱電球も得意。寒さが苦手なのは蛍光灯です。外についている照明や冬の物置部屋など暖房の効いていないところで蛍光灯を点灯すると暖まるまで明るく点灯しません。
僕の地元帯広では、真冬になると荷捌などの蛍光灯はたとえ点灯していようとも暖まることがないので、まるで蛍光灯の中を何かが動き回っているかのような丸い模様がでて暗く光るだけです。
また、水銀灯は点灯している状態から何かのきっかけで一度消してしまうと球が冷えるまで
再点灯しません。器具にもよりますが5~25分程度かかります。
そんな環境下でも、LEDなら瞬時に点灯・消灯できます。
寒~い外でも瞬時に点灯できるので一般の玄関にもぴったりですね。

・点滅しても寿命は減らない。
 一時期、電球型蛍光灯が流行った頃いろんな議論があって、定説とされていたのはつけっぱなしの居室は蛍光灯、トイレや廊下などの点けたり消したりが頻繁なところは白熱電球が適しているというものでした。
蛍光灯は瞬時点灯が苦手ですし寿命が著しく縮みます。
白熱電球は瞬時点灯は得意ですが、やはり寿命は縮むのです。
LEDはそんな心配もないので、あらゆる場所に使えます。
点滅にも強いので人感センサーにも適しています。

・熱の発生量が少ない
 電気を使用する機器は必ず大なり小なり熱を発生します。
これは電気エネルギーを光や動力に変換する際にでるロスの部分です。
白熱電球は限りなく電熱ヒーターに近い構造ですので使用する電気のほとんどは熱に変換されてしまっています。残りが光です。確か10%程度だったような・・・(´・ω・`)ショボーン
なので、消灯直後に球を外そうとすると火傷します。
蛍光灯もそうですよね。
電球ほどではないですが熱くなりますし、本体の中に安定器が入っていてそこも発熱します。
蛍光灯でも消費電力の20%程度が光として出ているだけだったと思います。
冬ならいいですけど、夏だと無駄に部屋の中が暑くなる原因となっています。
これが大型施設だと、台数も相当ですからその分発熱量もすごいわけで、その熱をさらに電気を使ってエアコンで冷やすわけです。
そう考えると電気の無駄使いですよね。
そこ行くと、最近のLEDは消費電力の40~50%を光に変えることができていると言われています。
まだまだ発展途上で、これからも進化すると思いますが、いかに効率が良いかがわかると思います。
効率が良い=発熱量が少ないということになります。


まだほかにもメリットはあるんですが、あまり長くても・・・なのでこのへんで。

ちなみに白熱電球がダメだとは思ってません。
1879年にイギリスでスワンという人が電球を開発し、その後エジソンが竹をフィラメントにして実用化した・・・はず(;´д`)
あの視覚的・感覚的暖かさはLEDでの再現が難しいのではとも思います。
最近ではどう見ても白熱球というLED電球も発売されていますが。

↓ビートソニックさん↓
https://www.only-1-led.com/


今のところLEDの課題は熱問題。
発光ダイオードは熱に弱いのです。
発熱量が少ないLEDとはいえ、消費電力を上げていくと効率が100%にならない限り必然的に熱が出ます。
なので、各社さんアルミヒートシンクをつけたりして熱対策をして出力を上げています。
クルマ用のLEDバルブでは放熱用のファンを設けたものまであります\(◎o◎)/

これからも進化していくだろうLED。
ですが、一時期の非現実な価格から蛍光灯器具と同等程度まで価格が下がってきました。
品質としてもメジャーなメーカーのものならば安心して使えるものとなっています。

今日挙げたメリットに心当たりのある方、
・夏場、虫に困っている
・冬、蛍光灯がくらい
・冷房費がかさむ
一度LED化を検討してみませんかヽ(´▽`)/
ECテクノスでは、ご満足いただける仕様をご提案させていただきますo(^▽^)o

新着情報一覧へ戻る